Browse Month

8月 2016

医学的に育毛効果が認められたミノキシジルの特徴

発毛剤や育毛剤の成分として配合されていることが多い「ミノキシジル」という成分をご存知でしょうか。
ミノキシジルは、発毛効果があると医学的に認められているただ一つの成分であり、男性型脱毛症に対しては特に有効な成分であるとされています。
ミノキシジルは元々は血圧降下剤として作られたものでしたが、血流を改善させる効果から発毛に強い効果を持つことがわかり、育毛剤として使用されるようになりました。

同じような効果をもたらすのとしてはプロペシアが有名ですが、プロペシアと異なりミノキシジルは女性でも使用できることがメリットとなります。
また、病院で検査を受けなくても、ドラッグストアで気軽に購入できることもミノキシジルが人気を集めている理由のひとつです。

ミノキシジルには、一般的に患部に対して直接塗り込むタイプの製品と、錠剤等を飲んで使用するタイプの製品が存在します。
どちらも頭皮にもたらす効果は変わりませんが、配合されるミノキシジルの濃度が高いほど効果も高まります。
錠剤タイプならではのメリットとしては、より手頃に摂取できるということが可能であるということが挙げられ、職場や外出先でも周囲の目を気にせず使用することができます。

最強の育毛成分ミノキシジルの副作用

最強の育毛成分だと名高いミノキシジルですが、実は副作用があることをご存じでしょうか?育毛剤として使っているかたはそれほど大きな副作用はありません。危険なのがミノキシジルの成分が入ったタブレットを使っている方々です。
実はミノキシジルのタブレットを使っている人はハイリスクハイリターンがあります。育毛剤で使うよりもミノキシジルは飲むタイプのタブレットにした方が目に見えた育毛効果があります。それゆえに喜んで使う方も多いのですが、危険な副作用があるので注意した方がいいのです。
ミノキシジルタブレットの副作用には動機や胸の痛みなどがあります。元々このミノキシジルというのが高血圧の人に血圧を下げる効果をもたらしてくれるとい うことで使われていました。強力な効果から時折様々な副作用があり、育毛用のタブレットと使ったときにも体に何らかの副作用が起こることがあるのです。そ れに塗り薬としては許可が出ていても飲み薬としては許可が出ていないのが現状なのです。世界中で許可されていないのは副作用の危険さからです。どんなに育 毛効果があってもミノキシジル入りのタブレットだけはリスクがあるので飲まないように気をつけましょう。
塗り薬として使われるミノキシジル入りの育毛剤の副作用でも髪の毛以外の毛も濃くなってしまう多毛症などの症状がありますので、気をつけておいた方がいいですね。まさにミノキシジルは育毛効果抜群な代わりに副作用のリスクが大きいのです。