ミノキシジルの発毛作用について

ミノキシジルは日本皮膚科学会のAGA治療でAランクに推奨されている効果の高い薬ですが、病院に行かなくてもドラッグストアで購入する事ができる身近で手に入りやすい育毛剤です。
ミノキシジルは、ホスホジエステラーゼVという酵素を阻害する働きがあり、平滑筋を緩めることにより血管を広げて毛根への血流を良くします。
生活習慣や加齢により、頭皮の血流が減少してしまうと、毛母細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなり薄毛の原因になるため、血流をよくして栄養素をしっかりと毛母細胞に行き渡らせる事がAGAの治療には必要です。

またミノキシジルには、血管内皮増殖因子VEGFという発毛因子に働きかけて発毛や髪の成長を促す作用もあります。
毛母細胞は、非常に再生能力が強く薄毛になって髪が生えていない状態であっても毛母細胞は生きている事が多いのです。
そのためミノキシジルにより、発毛因子を活発化させることにより、毛母細胞が活発化して頭皮の血管の修復や新生が起こり、成長が止まってしまった薄毛になってしまった髪を発毛させることができるのです。
そして既存の血管から新たな血管が枝分かれして新しい血管網が作られて、髪が分裂、増殖して太く長い髪が生えることでミノキシジルによって薄毛が改善されていきます。

ミノキシジルを使い始めて抜け毛が増えても慌てないこと

AGAに対して血行を促すこと栄養を行き渡らせやすくし頭皮環境を改善できるミノキシジルは、プロペシアなどの他の育毛剤を併用していくこともできて長期 間使用し続けることで薄毛の症状を緩和させていきます。ですが、ミノキシジルを使用し始めたかたの中には、急に増えた抜け毛に驚いて途中で使用をやめてし まうかたも少なくありません。育毛剤には相性があるので、いくら効果の高いミノキシジルでも体質に合わなかったのだろうと判断してしまうのです。しかしこ れは、ミノキシジルを使用することで起こる初期脱毛と呼ばれている症状であって、成分が効いている証拠になります。落ち着いて初期脱毛を自覚しミノキシジ ルの使用を続けていくことで、健康的な産毛が誕生するのです。
ミノキシジルには血管拡張作用があって、血流がよくなることで髪の毛の成長に必要な栄養が届くようになります。充分に栄養を得た髪の毛は元気に育ってい き、伸びて抜けてまた生えてくるというヘアサイクルが正常化していきます。不健康な髪の毛を押しのけて元気な髪を生やそうという準備が始まる段階で抜け毛 が増えてしまうので、初期脱毛は頭皮環境が好転しているというサインだと受け取ってください。症状は一時的なものですぐに落ち着きます。
ミノキシジルは年間通して長いスパンで使い続けて初めて効果を実感します。初期脱毛を乗り越えた後からが勝負ですので、使用をやめないことが大切です。

ミノキシジルは発毛の救世主

実は市販されている発毛剤であったり育毛剤というのは、国には認可されておらず「自称」の発毛剤や育毛剤である場合がとても多いです。唯一厚生労働省に認 可されているのは、リアップだけとなります。そしてそのリアップに配合されているミノキシジルというものは、薄毛の人の救世主であるといっても過言ではあ りません。ミノキシジル配合のリアップのような外用薬と、内服薬の二つを併用する事により、かなりの発毛効果や育毛効果が期待できるというデータが実際に しっかりと出ています。
国に認可されていない発毛剤や育毛剤を高いお金を出して買い、長い時間をかけて使ったにも関わらず思うような効果を得る事ができなかった、という経験をさ れた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった経験をされてきた方も、ミノキシジルの外用薬と内服薬を始めれば、きっと今までの薄毛の悩みを改善 していく事ができると言えるでしょう。
ミノキシジルには副作用もゼロではありませんが、基本的に外用薬の場合には非常にリスクが低く、内服薬も心臓の病気などをしていない場合にはそこまで問題はないと言われています。なので、多くの人にご利用して頂く事ができるのではないでしょうか。